top of page

セミナー「DNP(Doctor of Nursing Practice)の可能」

後援:一般社団法人日本NP教育大学院協議会 ・DNPとは? ・なぜDNPに進学したのか? ・DNPでどのようなことを学んだのか?

  • 開始日:9月29日
  • 2,000円
  • Mailing address

残り予約枠


サービス内容

講演1 講師:澤野啓子 DNP, FNP-C, CCRN, CNRN, MPH-C St Louis, Missouri Indiana Univ-Bloomington (Psychology), Univ of Arkansas (BSN), St Louis Univ (MSN-FNP), Univ of Missouri-Columbia (Master in Pulic Health-C), St Louis Univ (DNP) 演題:TBA 講演2 講師:井出 由美 小児看護専門看護師  昭和大学保健医療学部看護学科臨床看護学 講師 昭和大学病院総合周産期母子医療センター新生児部門 係長 聖隷クリストファー看護大学卒業 聖路加看護大学大学院看護学研究科博士前期課程上級実践コース修了 聖路加国際大学大学院看護学研究科博士後期課程DNPコース修了 演題:NICUにおけるケアの質改善を目指した高度実践看護師の活動 ~新生児分野での国産DNP第1号の挑戦~ 要約:NICU看護をサブスペシャリティとする小児看護専門看護師CNSです。現在、15床のNICU(後方ベッド17床)に所属し、胎児期から在宅生活に至るこどもと家族の支援、スタッフの教育、臨床実践の質改善などに取り組んでいます。院内でNICUの病床数や患者数が占める割合は、ごくわずかであり、専門分野での取り組みの意義や成果を説明することに困難がありました。そこで、CNS7年目に国内で初めて開設されたDNPコースに進学し、充実した3年間の学びにより、見える範囲と見え方、課題のとらえ方、解決策を探す術、やり遂げる力など、大きくバージョンアップしました。  高齢出産や生殖医療の発展を背景にNICUのニーズが高まり、周産期医療体制の整備が進んでいます。私のフィールドは、目前の15床から国内400箇所の周産期センターに広がりました。挑戦の毎日ですが、DNPとしての実践と今後の可能性を考えていきます。 司会:野島弘基 プライマリケアNP(診療看護師) 慢性疾患看護専門看護師 医療法人社団同行会 エマオ訪問看護ステーション所長 


今後の予定


キャンセルポリシー

当日の混乱を避けるため事前登録のZoom会議設定になっています。ビデオ会議のセッションリンクより登録を行ってください。 当日お会いできるのを楽しみにしています。


連絡先

  • Japan, Chiba, Hanamigawa Ward, Mizuho, 3 Chome−23−3

    050 5806 3900

    society4japn@gmail.com


bottom of page